風水インテリア研究家のirohaのHAPPY気分になれる開運グッズの紹介や風水的生活のつれづれ日記
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 玄関をラッキーアイテムでデコレーション | main | ムスメの入園準備で袋物作ってマス >>
自分の5つの強みを知って活かす〜ストレングス・ファインダー〜
JUGEMテーマ:ビジネス書

私はもっと若い頃は性格にかなりコンプレックスがあって、
「もっと活発になれないかな〜」とか「なんでいつもヌケてるんだろう」←かなり指摘される(汗)だとか、
自分をよく責めていて、どうしたらこの性格直せるのかなと常日頃考えていました。

そんなワタシも30半ばにきていい意味で開き直って(?)自分の持ってる長所に目を向けてみようとこの本に出会ってから強く思うようになりました。


才能に目覚めよう

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

この本は34の強みの要素から自分の5つの強みを見つけ、活かしていこうじゃないか!という本です。

本の中で才能とは「無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン」と定義されています。
そこに、「知識」と「技術」この三つが組み合わさって初めて「強み」が生まれる。

だから、「才能」というのは、選ばれし特別な人間に与えられるものではなく、誰でも持っているものなんです。


この「強み」をどう調べるかといいますと、まずこの本を自ら購入しないといけないんです。
本の表紙カバー裏にIDコードが印字されていて、ストレングス・ファインダーのサイトに接続します。
そしてIDコード記入してログインし、テストを受けます。

【注】一冊に対しID一つなので、間違っても古本は買わないように!(たまにamazonで出てるの見るぞ〜)

そして34の強みのうち5つの強みが判ります。

才能に目覚めよう


ちなみにワタシはといいますと

才能に目覚めよう

★最上志向
優秀であること。平均でなく。平均以上の何かを最高のものに高めることに努力する。
(確かに向上心はありますね。婚約中にダンナさんに「いつまでも高めあっていけるような関係でいようねと書いたカードを送っていたゾ〜)

★目標志向
常に明確な行き先を必要とする。目標を設定したがる。
(行き先ないと心が迷子になってしまうよ〜)

★内省
考えることが好き。頭脳行動を好む。
(でも考えすぎて妄想に走りがち)

★調和性
他の人たちとの同意点を求める。相手に合わせる。
(平和主義です。争いごとはそっと影から見守る)

★学習欲
学ぶことが大好き。内容や結果よりプロセスを重視。
(社会人だったころは最高3つ習い事やってました。もちろん給料から)


まさにズバっと的中してます!!
それも褒めてくれるから気分がいいんです。


そこでワタシは本から一歩踏み込んで、2/8(日)にストレングスファインダーの勉強会に行ってきました。

メンバーはmixiで知り合った方たちで、stickamで参加の方を合わせると約20名ほどでした。

当然ながらこういった勉強会に集まる方たちは強みを活かしたいという志の高い方たちばかりなので、是非前向きオーラを拝借したいっ!という願望ありきで。

まずは、事前に調べた強みをプリントに記入し、その強みの持つイメージとその強みを発揮した場面や、これから発揮していきたいことを記入しました。

そして同じグループの方たちとお互いの持つ強みについてディスカッションしながら、作業を進めました。
そうすることで、自分の持つ強みがより鮮明になり、また、違った強みを持つ方をより理解できたりと、
強みについての理解がより深まりました。

★第一回ストレングスファインダー勉強会★



そして、当日参加したメンバーで多かった強みである「学習欲」と「収集心」について全体でディスカッションしました。

そして以下のような定義が生まれました。

★学習欲

●勉強にはある一定期間が必要
●新しい知識を身につけることが楽しい
●自分を変えたい人が多い
●知っていないと不安になる
●プロセス自体が好き。新しい知識を身につける過程が楽しい。

★収集心

●好奇心がある
●集めることが好き。集めているプロセスが楽しい。
●情報をすぐに集められる(短時間ですむ)
●調べ物が好き
●この本いいよ・・といわれるととりとめもなく探す。終わりが無い。
●マンガだったら1〜30巻まで揃えたい。


普段、自分の欠点はたびたびひょっこり顔をだして、まちまち大きくなってしまうのですが、長所というとあまりにもおぼろげで、明確に感じることもなかったんです。
でもこの本を読んでディスカッションする中で、自分という人間を改めて見つめなおす機会があったことだけでも、今後前向きな進むべき道が見えてきたような気がしました。

★参考文献

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
スポンサーサイト
Trackback URL
http://smilefusui.jugem.jp/trackback/11
TRACKBACK